全損となった場合に補償、全損時諸費用保険金特約とは

6a377e50cbb7f5ffdda0016300df1de9_s


全損時諸費用保険金特約とは、保険契約している車が全損となった場合に全損時諸費用保険金として、保険金が支払われます。

保険会社によっては全損時諸費用保険金特約の他にも「車両全損時諸費用特約」「全損時諸費用補償特約」などとも呼ばれたりします。


「全損時諸費用保険金特約」を付帯するには車両保険の加入が必須となっており、補償金額は車両保険金額の10%程の保険会社が多く、20万円が限度となっているところが多いです。

どういう時に役立つかというと、車を廃車にする場合に廃車費用などに当てられます。


車を廃車にする場合は車種などによって違いますが、大体2万円前後ぐらいはかかると思いますので、全損時諸費用保険金特約を付帯しておけば廃車費用で自腹を切らなくても済みます。

必要性としては、全損になるような事故を起こすことはあまりないですし、補償額も20万円が限度なのでそこまで必要な特約ではないと思います。

全損の対象

・修理費が保険金額以上となる場合
・修理不可能な場合
・盗難により車が発見されない場合


サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ