地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約とは

219494


地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約とは、その名の通り、地震・噴火・津波の時に、車が全損した場合に補償される特約です。あくまで、地震・噴火・津波が対象なので、台風や洪水などすべて天災が対象となるわけではありません。(台風や洪水の場合は車両保険で補償されます)

補償内容は、保険契約している車が全損となった場合に、臨時一時金として保険金が支払われます。補償金額は1回の事故に対して50万円の保険会社が多いようです。(車両保険の契約金額が50万円に満たない場合は、契約金額が限度となります。)

車両保険では、地震・噴火・津波などの場合の補償は対象外なので、地震・噴火・津波の場合に補償を受けたい方は、車両保険に「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」を付けておくと万が一の時に補償が受けられます。



また、「チューリッヒのスーパー自動車保険」では、「地震等による死亡一時金特約」という特約があり、地震・噴火・津波などで被保険者が亡くなった場合に補償される特約です。

補償額は一名につき300万円となっており、「チューリッヒのスーパー自動車保険」のみの特約となっています。


全損とは

地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約の対象となるのは、車両の全損時のみですが、「全損」というといかにも車が大破して、もうどうにもならないという感じというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

ただ、自動車保険の世界では、「全損」というのはどのような場合を言うか決まりがあります。

全損とみなされるケース

1、車が修復不可能なまでに損害を受けてしまった場合
2、車が盗難に遭って発見できない場合
3、修理費が車両保険の契約金額を上回ってしまった場合



これを見る限り、1番は当たり前のような気がしますし、2番はまあしょうがない気もしますが、3番に関しては全損という感じは全くないと思います。

ですので、車両保険の契約金額が修理費を超えると全損扱いになるということは覚えておき、全損時に当たるような事故が起きたときは、ちゃんと保険金が降りるように手続きしましょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ