対物超過修理費補償特約(対物超過修理費特約)とは・必要性・保険料は?

7959954cfc090c894fba7b71fcde37c5_s


対物超過修理費補償特約(対物超過修理費特約)とは、対物賠償保険で補償される事故を起こした場合、相手の方の車の修理費が時価額を上回り、対物賠償保険で十分に補償が補えないときに支払われる補償特約です。

保険会社によっては「対物全損時修理差額費用補償特約」と呼ばれることもあります。

対物超過修理費補償特約の例

例えば事故を起こして自分の過失が100%のとき、相手方の車の修理費が50万円かかった場合、修理費の時価額が30万円だったら、時価額の30万円は対物賠償保険から支払われますが、残りの20万円は対物超過修理費補償特約から支払われることになります。

・50万円(修理費)=30万円(時価額・対物賠償保険)+20万円(対物超過修理費補償特約)


支払限度額

対物超過修理費補償特約の支払限度額は、1事故、相手の車1台に対して50万円になっているところが多いようです。ただ基本的には、時価額を超えた修理代を請求された場合、法律上は特に払う必要はありません。

法律では対物事故の場合、賠償責任を負うのは「相手の自動車の時価額」までとなっています。ですので特に払う必要はないのですが、実際には修理費が時価額を超えてしまうケースもあり、相手方との事故解決がなかなか円滑に進まないこともあるようです。

そんな時に「対物超過修理費補償特約」をつけておくと時価額を超えた分も補償してくれるので、事故の相手方ともトラブルになりにくくなります。


対物超過修理費補償特約は必要?保険料は

対物超過修理費補償特約は付帯しておいたほうがよい特約だと思います。基本的に時価額を超えた修理代は法的には支払う必要はないですが、被害者から時価額を超えた修理代を払えと言われることはあります。

法的には支払い義務はないものの、あくまでこちらが悪いわけですから、払えませんといえなかったり、申し訳なさから支払う方もいると思います。

そんなときに困ったり、トラブルにならないために役立つ特約です。



また、対物超過修理費補償特約を付帯したところで保険料は数百円程度ですので、保険料もほとんど変わらないです。

対物超過修理費補償特約がある保険会社

・SBI損保(対物差額修理費用補償特約)
・イーデザイン損保
・アクサダイレクト(対物全損時修理差額費用補償特約)
・セコム損保
・チューリッヒ(対物超過特約)
・そんぽ24
・セゾン自動車火災保険(対物全損時修理差額費用特約)
・エース保険
・あいおいニッセイ同和損保
・朝日火災海上保険
・共栄火災海上保険
・損保ジャパン日本興亜(対物全損時修理差額費用特約)
・東京海上日動火災保険
・東京海上日動火災保険
・日新火災海上保険
・三井住友海上の「GK クルマの保険・家庭用」 など

※カッコ内は各保険会社の名称です


サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ