車の使用地によって保険料が変わる

145897


自動車保険の任意保険では、「車の使用地」によって保険料が変わっていく保険会社があります。

使用地というのは何県という意味で、なぜ県に違いによって保険料が違うかというと、おそらくですが、県によって走っている車の台数が違うので事故率が高くなるので、県によって保険料が違うのだと思います。

実際、交通事故が多い件は、東京、大阪、愛知、福岡、神奈川など都会の方が多く、都会の方が人口も多いので、車が走っている台数も多いと予想できると思います。



とはいえ、保険会社のホームページなどにどの県が使用地にすると保険料が高いなどの記載は見当たらなかったので、どこの地域が安くて、どこの地域が高いかはちょっとわかりませんでしたが、おそらく上記であげた都会の方が保険料も高くなるのではないでしょうか。

とはいっても住んでいる地域は簡単には変えられませんし、保険料を安くしたいからといって、安い地域に引っ越すなんてのはとても馬鹿げた話ですから、「車の使用地」でも保険料が変わるということは、任意保険を選ぶ際にそれほど重要なことではないと思います。

使用地の選び方のポイント

ずっと同じ県に住んでいるという方には関係ないことですが、例えば東京にお住まいの方が単身赴任で大阪に住んでいたとしても、車が東京の自宅に置いてあるのであれば、「車の使用地」は東京になります。


たまたま違う県で運転していた場合の補償

車の使用地は東京都に設定したけど、たまたま神奈川県を運転中事故にあった場合でも、特に問題なく補償は受けることができます。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ