嘘はバレる?車の使用目的で保険料が変わる

305847


自動車保険の任意保険では、「車の使用目的」で保険料が変わっていきます。とはいえ「車の使用目的」とは一体どんな目的、なんて思った方もいるかもしれませんが、「車の使用目的」には、「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務使用」の3パターンがあります。(保険会社によっては多少呼び方が違うこともあります)



最初に「日常・レジャー」ですが、普段の生活や旅行などで車を利用する場合がこれに含まれます。主に、主婦の方が買い物に車を使う場合だったり、サラリーマンの方が、通勤には車を使用しないけど、休みの日や帰宅してから使用する場合などです。

次に「通勤・通学」ですが、その名の通り通勤・通学に車を利用する場合です。大学生が学校まで車で通学で使用する方や、サラリーマンやOLの方が車で通勤で使用する場合などです。

最後に「業務使用」ですが、主に仕事で車を利用する場合ですね。細かく言うと、仕事で車を利用する場合で、週5日以上、もしくは月15日以上車を業務で使用する場合が「業務使用」になります。


保険料の目安は、「日常・レジャー」<「通勤・通学」<「業務使用」となっており、車に乗る頻度が少なくなる使用目的の方が保険料も安くなるようになっています。

また、保険会社によっては、「主に家庭用」「主に業務用」などの2パターンの保険会社もあります。(例・ソニー損保)

主な使用目的

・日常・レジャー・・・買物や旅行など、主に日常生活で使用する場合
・通勤・通学・・・週5日以上通勤・通学で使用する場合
・業務使用・・・週5日以上または月15日以上業務で使用する場合


正しい使用目的を選ぶ

車の使用目的は正しい使用目的を選びましょう。別に何に車を使ってるかなんてバレないでしょ、みたいな考え方をせず、きちんと自分にあった使用目的を選んでください。

もし本当は「業務使用」なのに、保険料が安くなるからといって「日常・レジャー」などにしていると、「告知義務違反」に該当し、事故を起こした時に賠償金が支払われない可能性もありますので、必ず自分に合った使用目的を選びましょう。

※もし自分の使用目的がどれに該当するか分からなければ、保険会社に直接問い合わせてみましょう。

途中で車の使用目的が変わった場合

途中で使用目的が変わった場合も、使用目的の変更と、変更した分の差額保険料の支払いが必要ですので、保険会社に使用目的が変わったことを伝えて、差額保険料を支払うようにしましょう。


サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ