車の車種や型式でも保険料が変わる(料率クラスについて)

127852


自動車保険の任意保険は、車種や型式によって保険料が変わる保険会社があります。そのことを「型式別料率クラス」と言いますが、「型式別料率クラス」には、1~9まであり、1が一番保険料が安くて、9が一番保険料高くなります。

ひとつクラスが上がるごとに20%ほど保険料が上がっていくため、「型式別料率クラス」が1と9では、4倍以上保険料の差が開くことになります。



「型式別料率クラス」の対象となる補償内容は、「対人賠償保険」「対物賠償保険」「傷害保険(人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険)」「車両保険」となるため、ほぼ保険料の増加分がそのまま加算されることになります。

※ただし、すべてが同じ料率クラスになるとは限りません。(例えば、「対人賠償保険」は5だけど、「対物賠償保険」は6という感じに、補償内容によって違うこともあります。)



また、「型式別料率クラス」がどう決められるかというと、一概には言えませんが、市場価値が高く事故を起こしやすい傾向のある車(主にスポーツカーなど)は、比較的「型式別料率クラス」が高くなる傾向があったり、市場価値が低く盗まれる可能性が低い車などは、比較的「型式別料率クラス」が低くなる傾向になります。

「型式別料率クラス」というのは、毎年「損害保険料率算出機構」が過去の事故率などを踏まえて決められており、保険会社はそれを元に「型式別料率クラス」を決めています。

ですので、「型式別料率クラス」が低かった車種が、翌年に上がったりすることもあり、同じ契約内容で等級が下がったわけでもないのに、保険料が前年より上がるということもあります。

軽自動車に型式別料率クラスはない

「型式別料率クラス」は、自家用普通乗用車・自家用小型乗用車のみ対象となるので、軽自動車(軽四)は型式別料率クラスに対象となりません。軽自動車の保険料は、自家用普通乗用車・自家用小型乗用車より安くなることが普通ですので、補償内容などにもよりますが、基本的には軽自動車の方が保険料が安くなります。


サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ