自賠責保険と任意保険がある、自動車保険の仕組みは

1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s


自動車保険には、「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があります。まず「自賠責保険」ですが、こちらは強制保険になるので、必ず入ることになります。いつ入るかというと、車を買うときや車検に出すときに入ります。ですので、車に乗るんだったら必ず入ることになります。

それに比べて「任意保険」は、その名の通り「任意」で入る保険です。入るも入らないも本人の自由です。こちらも車を買うときに一緒に入ったり、好きな時に入ったりできます。



●任意保険は必要?

「自賠責保険」に入っているのだから「任意保険」は必要ないのでは、と思う方もいるかもしれませんが、「自賠責保険」というのは事故を起こした時の被害者への最低限の救済処置でしかありません。

ですので、必要がある場合は「任意保険」に入る必要があるし、多くの方が任意保険に入っています。

当然事故を起こさなければ、任意保険の保険料は掛け捨てなので無駄になってしまいますが、万が一の時に備えて入るものなので、必ず加入しておいたほうがいいと思います。

・自動車保険には、自賠責保険と任意保険の2種類がある
・自賠責保険は強制保険で、被害者への最低限の救済処置を目的とした保険
・任意保険は任意で入る保険で、自賠責保険では補えない部分を補償してくれる保険


「自賠責保険」と「任意保険」の補償の違い

自賠責保険の補償内容

・事故を起こした時の相手への補償額は、傷害時で最大120万円、死亡時で最大3,000万円。
・後遺障害の程度に応じた等級によって75万円~4,000万円。
・自分自身への治療費や死亡時の補償はなし。
・自分自身と相手方の車の損傷した場合の補償もなし。
・物や公共物などを事故で破損した場合の補償もなし。


任意保険の補償内容

・事故を起こした時の相手への補償額は無制限。
・自分自身への治療費や死亡時の補償あり。
・自分自身と相手方の車の損傷した場合の補償あり。
・物や公共物などを事故で破損した場合の補償あり。



最初にも書いたように、「自賠責保険」はあくまで相手方への最低限の保証でしかないので、自分自身への補償などは全くありません。それに比べて、「任意保険」は契約内容にもよりますが、様々なことを補償してくれます。

当然「任意保険」の契約内容が多くなれば、それだけ保険料も上がってしまいますので、全てに入る必要はありません。必要なものだけ選んで入ることができるので、何が必要かそうでないかを見極めていきましょう。



また、任意保険は年齢によって保険料が変わったり、ノンフリート等級というもので保険料が変わっていくので、長く保険に加入している方のほうが基本的に保険料が安くなっていく仕組みとなっています。(ただし事故などを起こすと保険料が高くなることもあります。詳しくはこちら⇒ノンフリート等級の仕組み)


自動車保険の補償内容

自動車保険の補償内容は大きく分けると、相手方への補償を対象としたものと、自分への補償を対象としたものの2種類があります。

相手方への補償を対象としたもの

・対人賠償保険・・・事故で相手を怪我や死亡させた時の出る保険
・対物賠償保険・・・事故で相手の車や物を壊してしまった時に出る保険

自分への補償を対象としたもの

・人身傷害補償保険・・・事故で自分自身や搭乗者が怪我や死亡した場合に出る保険
・搭乗者損害保険・・・保険契約している車に乗って、事故で怪我や死亡した場合に出る保険
・無保険車傷害保険・・・事故で相手方が任意保険の「対人賠償保険」に加入していない場合に、死亡、または後遺症が残る場合に出る保険(治る怪我の場合は出ません)
・自損事故保険・・・電柱や壁への追突など、他の車が絡まない事故の場合に出る保険

※「人身傷害補償保険」と「搭乗者損害保険」は似ており、補償対象となる人は同じです。払われる保険金の支払い方法に違いがあるのと、「人身傷害補償保険」の場合は、他の車に乗っている時や歩行中などの事故にも、保険金が支払われます。



その他にも、事故や盗難で自分の車が壊れたときなどに補償される「車両保険」があります。あとは特約というものがあり、様々な細かい補償内容があります。


最低限必要な補償内容

数ある補償内容の中から最低限必要なものは、相手方への補償を対象としたものの「対人賠償保険」と「対物賠償保険」です。この二つは相手方への補償なので、万が一の時があった場合にとても助かります。

上でも書きましたが「対人賠償保険」は、自賠責保険にも含まれていますが、死亡時でも3,000万円までしか補償されません。実際に、1億円の賠償金を超えるようなこともありますので、自賠責保険だけじゃなく、任意保険でも加入しておいたほうがいいですし、補償金額は「無制限」しておいたほうがいいです。



もちろん、自分への補償を対象とした保険も加入しておいたほうがいいですが、より多くの補償内容と契約すると、当然保険料も高くなってしまいます。

そのあたりは個人のふところ事情もありますので何とも言えませんが、車に乗るのであれば、任意保険に入って「対人賠償保険」と「対物賠償保険」には必ず加入するようにしましょう。



車に乗るということは、事故を起こして人を死亡させてしまうという可能性はゼロではないですから、自分で補償出来るだけの財力がないにもかかわらず、任意保険に入らないのはあまりにも無責任なことだと思います。

ですので、相手方のために最低限の補償として「対人賠償保険」と「対物賠償保険」には必ず入るようにしましょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ