自動車共済の自動車保険

1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s


自動車保険の任意保険は、保険会社で加入する以外に、全労済やJA共済などの自動車共済でも任意保険に加入することができます。

保険会社が行う自動車保険と何か違うということは特にありません。

違うといえば、サービスを提供しているところが違うだけで、通常の自動車保険では保険会社が保険サービスを提供していますが、自動車共済の場合は、経済産業省の認可を得た協同組合で運営されています。



補償内容も特に違うこともなく、「対人賠償」「対物賠償」「人身傷害」「車両保険」など基本的な補償内容は揃っており、特約やロードサービスなんかもあります。

ただ保険会社と違うのは、自動車共済は非営利団体なのでお金を儲けることが目的とはなっていませんので、保険料が安く済む場合もあるようですが、近年ではダイレクト型の自動車保険も増えており一概にはそう言えないかもしれません。


どっちがおすすめ

保険会社と自動車共済どっちがおすすめかというと、特にどっちということはありません。

基本的に補償内容は変わりませんから、例えば任意保険を探す時「ソニー損保」と「SBI損保」どっちがいいかなあと比べるように、「ソニー損保」と「JA共済」どっちがいいかなと比べる感じで、保険会社と自動車共済を比べるんじゃなくて、ひとつの保険会社として補償内容やサービスを見て比べて決めるとよいと思います。

任意保険の加入率は、自動車共済への加入率は10%ちょっとぐらいと言われているので、7割以上が加入している保険会社の方が圧倒的に加入率は高くなっています。


保険会社に等級は引き継げる

自動車保険を乗り換える場合、自動車共済から保険会社に乗り換えることも可能で、その際にノンフリート等級も基本的には引き継ぐことができます。

保険会社から自動車共済に乗り換える際も等級を引き継ぐことができます。



ただし、自動車共済は加入する共済によって、ノンフリート等級が22等級まであるところもあるので、そういう場合は保険会社に引き継ぐ場合20等級までしかないので20等級になります。

また、「全労災」「JA共済」以外の自動車共済(「教職員共済」「自治労」「全自共」など)では、等級の引継ぎが各保険会社で判断が分かれる場合もあり、うまく引き継げない可能性もあります。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ