エンジンオイルの交換時期・料金は・自分でも出来る?

7b3e4750c22ae4bbc9bc01983468346f_s


エンジンにはエンジンの動作をなめらかしたり、冷却したりする効果を持つエンジンオイルというものがあり、車に乗っているとエンジンオイルが汚れてくるので、交換する必要があります。

交換時期の目安は、一般的には走行距離が3,000kmや5,000km、または6ヶ月ごとや12ヶ月ごとと言われいます。ただ、使用しているオイルによっても異なることがあるので、そのあたりは専門家の方に聞いてみるといいかもしれません。

オイル交換は、ガソリンスタンドやカー用品店、カーディーラーなどで行ってくれます。また、やろうと思えば自分ですることも可能です。


オイル交換の料金

オイル交換の料金は、お願いするところや使用するオイル、その周辺部品の交換などによっても変わってくるのでまちまちですが、だいたい安くて2,000円ぐらいから10,000円ぐらいです。

ちなみに、「オートバックス」だとオイル交換の工賃の料金の目安が540円(税込)となっています。ただし、これはオイル交換もみの工賃なのでオイルエレメントの交換など、その他も変えたり点検するとなるとさらに料金がかかります。


自分でオイル交換

先程も少し触れましたが、オイル交換は自分ですることも可能です。自分で行ってしまえば基本的にオイルの料金だけで済むので安く済みます。

通常オイル交換は、下からオイルを抜いて上からオイルを補助するというのが基本ですが、「手動式オイルチェンジャー」というものを使えば上から抜くことも可能なので、素人でも簡単にオイル交換することができます。


「手動式オイルチェンジャー」での交換方法は動画があったので貼っときます。





動画を見た方ならお気づきでしょうが上からオイル交換をする場合は、「手動式オイルチェンジャー」が必要なので、購入代金がかかります。3,000円ほどするので少し出費になってしまいますが、オイル交換は何度もするものですから、すぐに元は取れると思います。

特におすすめするわけではありませんが、一応自分でも簡単にオイル交換はできるという情報でした。

ちなみに交換した廃オイルの処分は、ガソリンスタンドに引き取ってもらうのが一般的のようです。ガソリンスタンドによっては引き取ってくれない可能性もあるので、引き取ってくれるかあらかじめ聞いておくと良いでしょう。


また、「オイル交換用処理箱」というものを使えば、燃えるゴミとして捨てることもできるので、ガソリンスタンドなどに断られた場合はこういうものを使えばいいと思います。「オイル交換用処理箱」はホームセンターなどで購入できます。


サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ