10万キロを目安に交換が必要なタイミングベルト

5eb8818721d6f667045066aa84fd2eba_s


自動車には、10万キロを目安に交換が必要なタイミングベルトというものがあります。車に乗っている期間が短い人は知らない方も多いのではないでしょうか。

私自身も、タイミングベルトの交換時期になって車検に出した時に、ディーラーの方に指摘されて、初めてタイミングベルトの存在を知りましたから、あまり一般的に知られていることではない気がします。


ちなみにタイミングベルトとは、エンジン部分のベルトみたいなもので、これが切れると当然車は動かなくなるので、切れる前に交換する必要があり、その交換の目安が大体10万キロとなっています。

交換目安が10万キロですのであまり頻繁に遭遇することはないですが、車を乗り換えずに長く乗っているのであれば、いつかは出くわすと思うので覚えておきましょう。


交換費用は高額?

タイミングベルトで一番ネックなのが交換費用です。車種によってまちまちですが、タイミングベルトの交換費用が10万円を超えることも珍しくなく、私も交換が必要な時に10万円ぐらいかかるとディーラーの方に言われました。

何でそんなに高いかというと、ベルト自体の価格は高くなく大体数千円程度ですが、エンジン部分なので工賃の方が結構かかるみたいです。また、タイミングベルトを交換するときに一緒に交換したほうがいいその他周辺の部品があるのでさらに高額になってしまいます。


さらに、だいたい車検時に指摘されることが多いので、車検費用+タイミングベルトの工賃となってくると、車検費用が結構な額になりますので、タイミングベルトの工賃はそれなりにかかると覚えておけば、高額な請求にも困ることがないと思います。


切れるとどうなる・前兆は

切れると動かなくなりますが、エンジンの形式によってはエンジンが損傷するため、修理費も高額なものになり、最悪廃車ということもあるようです。

また、急に車が停止するため渋滞の原因になったり、事故の原因になる可能性もあります。


さらにタイミングベルトが切れる前兆のようなものはほとんどないみたいなので、乗ってて判断するのは無理みたいです。また、点検するにもエンジンの中にベルトがあるので、点検もできないですし、車検時にも基本的には点検はされないようです。

ですので、交換時期になったら交換したほうがいいと思います。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ