自動車税について

344100


自動車を所持していると、毎年自動車税を払わなければいけません。これは乗っていようが乗っていまいが関係なく、所持しているだけで課税対象になります。

毎年4月1日の時点で自動車を所持している方が課税対象になり、4月中旬から5月の初めぐらいに自動車税の通知が来ます。支払い期限はその年の5月31日(休日の場合は次に平日)までです。

支払いは、銀行や郵便局、コンビニなどで支払うことができます。



期限内に支払えなくても、あとで自動車税を払うことも可能ですが、期限外の支払いは延滞料金が発生し、延滞するほど延滞金が高くなっていきます。催促状も届くので払っていない方はさっさと払いましょう。

また、自動車税を払わないと車検を受けられないので、自動車税は必ず払うようにしましょう。車検に出すときに、自動車税を払うときにもらう、「納税証明書」が必要になるので、なくさないように持っていましょう。

なくした場合は市役所などで再発行しなければならないので結構面倒です。(納税証明書を紛失した場合でも、車検に出す業者によっては、代わりに再発行してくれる業者もあります)


自動車税の金額

自動車税の金額は、車の種類などによって変わってきますが、軽自動車は7,200円で、2015年4月以降に購入した新車より、1.5倍の10,800円になります。

乗用車の場合は、一番安くて29,500円で、排気量が上がっていくごとに自動車税の価格も上がっていきます。

乗用車の自動車税(例)

・総排気量1リットル以下         29,500円
・総排気量1リットル超1.5リットル以下  34,500円
・総排気量1.5リットル超2リットル以下  39,500円
・総排気量2リットル超2.5リットル以下  45,000円
・総排気量2.5リットル超3リットル以下  51,000円


サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ