車検切れで運転していると無車検運転になる・罰金・減点は?

5eb8818721d6f667045066aa84fd2eba_s


車検が切れた車を運転していると、「無車検運行」となり道路交通法で罰せられることになります。無車検運行の罰則は「6月以下の懲役又は30万円以下の罰金」となっており、6点の減点となります。6点の減点になると30日の免停となります。

ここで気をつけてほしいのが、車検が切れた状態で車を運転しているということは、自賠責保険にも加入してない可能性が高く、「無保険運行」の罪にも問われます。(自賠責保険は車検を通す時に加入することが基本です)


無保険運行の罰則は「1年以下の懲役又は50万円以下の罰金」となっており、こちらも6点の減点となります。無車検運行と合わせると12点の減点となり、90日の免停になります。

さらに30万円以下と50万円以下の罰金を科せられるので、合計で80万円以下の罰金を科せられることになります。


罰金が払えないと

最高で80万円の罰金になるわけですからかなりの高額になり、罰金額は略式裁判で決められます。また、車検を通すのを忘れていた方ならともかく、意図的に金銭面で車検を通せなかった方の場合、この金額を払えるとは思えません。

しかも、罰金の納付の期間は納付書が届くまでに1週間ほど、納付書の支払期限が1週間以内となっているので、約2週間以内に現金を用意しなければいけません。


罰金が払えない場合は、財産の差し押さえをされたり、労役場に留置されることになります。労役場では1日5,000円で労働することになり、もし罰金額が80万円だった場合は、160日労役場に留置され働くことになります。


少しの期間ならばれない?

車検ステッカーはフロントガラスの真ん中に張っていると思いますが、外から見ると何年の何月という表記しかなく、内側から見ないと日にちまではわからないようになっているので、同じ月の場合なら車検が切れていてもばれない可能性が高いです。(例えば車検が1月10日までの場合、1月いっぱいまではばれにくいということです)

とはいえ少しの期間ですね。それに事故を起こせば確実にばれるので、あまり意味はないと思いますので、さっさと車検に通しちゃいましょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ