車検時に必要な書類

Print


車検時に必要書類はあまり多くはないですが、何枚かあるので、あらかじめ用意しておく必要があります。必要な書類は「自動車検査証(車検証)」「自動車税納税証明書」「自賠責保険証明書」の3枚です。

特に注意が必要なのは「自動車税納税証明書」です。自動車税納税証明書は、5月ぐらいに来る自動車税を支払ったことの証明書で、自動車税を払うときの用紙を半分切り離して印を押して返してもらうやつです。


コンビニなどでも支払えるので、通常の公共料金などだと捨ててしまう方も多いのではないでしょうか。ですが、自動車税の場合はあとで車検時だけでなく、車を売却する場合にも必要だったりするので、ちゃんと保管しておきましょう。



もし、なくしてしまった場合は再発行することもできますが、手間を掛かるのでちゃんとなくさないようにしましょう。

再発行するには、普通車なら陸運局の近辺にある県税事務所や自動車税事務所、軽自動車なら市町村役場などで再発行することができます。

再発行は無料で行なえますが、一部地域では手数料がかかるところもあるみたいです。



また、車検を出すところによっては、自動車税納税証明書の再発行を代行で行ってくれるところもあるので、紛失してしまった場合は相談してみるといいでしょう。

車検を通す場合はどっちみち陸運局に行くので、その近辺にある県税事務所や自動車税事務所についでに行ってくれることも多いようです。

ただし軽自動車の場合は、再発行する場合、各市町村役場になるため、代行を行ってくれたとしても無料で行ってくれるかはわからないです。



他の「自動車検査証(車検証)」「自賠責保険証明書」は、通常車に積んでいるはずなので、特に問題ないと思います。ダッシュボードなどにあると思います。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ