車はどこで売れる

283007


車を売りたい場合は「自動車販売店」や「買取専門店」などで売ることができます。自動車販売店とは主に、新車ディーラーや中古車ディーラーや中古車販売店のことをいいます。

買取専門店というのは、主に買取を専門として車を取り扱っている業者で大手チェーン店から小規模なものまであり、買い取った車はオークションに出したりします。


「自動車販売店」では売却だけでなく下取りも行えるので、車の購入と売却を一度に行うことができます。


買取りと下取りの違い

車を売る方法として大きく分けて、買取りと下取りがあります。買取りはその名の通り、車の買取をしてくれる業者などに買い取ってもらうことで、下取りは新しい車を買う場合に、車を買う販売店などでそのまま今まで乗っていた愛車を引き取ってもらうことをいいます。

どちらがいいかとかはそれぞれメリット、デメリット一概には言えませんが、例えば買取りの場合だといろんな買取業者で査定してもらい、一番高い業者を探すことができますが、下取りの場合だと車を買う販売店でしか買取りをしてもらえないため、買取業者を好きに選ぶことができないので、一番高く買い取ってくれる買取業者で売ることはできません。


ただ、下取りの場合は車を購入する手続きと、手放す手続きが同じ販売店でできるため、手間が省け楽にできます。ですので、最も高く買い取ってくれる買取業者を探して売りたい方は買取りをしてもらったほうがいいと思います。

その他には、下取りの場合だと、古い車種や人気の無い車でも一定の値段をつけてくれる事が多かったり、買取りの場合は、社外パーツ(エアロパーツなど)の査定額が評価されやすかったり、下取りよりも、査定額の判断基準が細かいことが多いなどのメリットがあります。


買取りと下取りの簡単な流れ

買取りと下取りの簡単な流れを紹介していきます。



■買取りの場合
1、買取業者で査定してもらう(一括査定などを利用すると便利)
2、必要書類を用意する
3、条件にあった買取業者で買取手続きを行う



■下取りの場合
1、欲しい車をいくつか販売店で探す
2、車を見つけたら条件の良さそうな販売店で愛車の査定をしてもらう
3、必要書類を用意する
4、条件にあった販売店で購入と売却の手続きを行う



簡単な流れはこんな感じです。流れ的にはあまり変わりませんが、車を購入するのであれば、下取りの方が手続きは楽です。買取りの場合だと、上の流れと車を購入する手続きも必要になるので手間はかかってしまいます。

ですので買取りにするも下取りにするもそれぞれメリットデメリットがありますので、自分に合った売り方をすればいいと思います。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ