車を売るのに必要な書類

Print


車の売却が決まったら、手続きを行うため必要な書類を用意しなくてはいけません。では、どんな書類が必要なのか紹介していきます。



■印鑑証明書

印鑑証明書は、実印がちゃんと登録されたものであるということを証明する書類のことです。車の売却時には、発行日から3カ月以内のものが必要となります。もちろん車の売却時には実印も必要になります。

また、車を購入するときも必要になるので、車を買い換える予定でしたら2枚用意しておいたほうがいいでしょう。印鑑証明書の取得は、各市区町村の役所や証明書発行センターなどで発行できます。



■自動車検査証(車検証)

自動車検査証は、車のさまざまな情報が記載してある書類です。常時車内に携帯することが義務づけれられているので、おそらくダッシュボードなどに積んでいると思います。もし紛失してしまった場合は、管轄の運輸支局で再発行してもらうことができます。



■自動車税納税証明書

自動車納税証明書は、自動車税を払ったことを証明する書類です。自動車税を支払った時に収入印紙に印を押してもらい返してくれます。こちらは車検にも必要なので保管していると思いますが、紛失した場合は各都道府県の税事務所で再発行してもらうことができます。自動車税を払っていない場合は車を売ることはできません。



■自賠責保険証

自賠責保険証は、自賠責保険の加入の証明書です。車検の時にもらいます。紛失した場合は加入している保険会社で再発行してもらえます。



■リサイクル券

リサイクル券は、自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金が支払われていることを証明するものです。紛失した場合は再発行できないので、「自動車リサイクル料金の預託状況」で代用することができます。自動車リサイクル料金の預託状況は、「自動車リサイクルシステムのこちらのページ」の「リサイクル料金検索」から必要事項を入力して印刷してください。



とりあえず自分で用意するのはこれだけです。他にも必要な書類として「委任状」「譲渡証明書」が必要になりますが、これらは通常お店側で用意してくれると思います。

まあわからないことがあれば、車を売る時に販売店や買取業者の方に聞いてみましょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ