ハイブリッド車とガソリン車と電気自動車の違いは?

097442


最近の自動車はハイブリッド車やガソリン車がメインで電気自動車なんてものもありますが、車にあんまり詳しくない方にとってはいったい何が違うの、と思う方も多いのではないでしょうか。

特にハイブリッド車に関しては、なんかすごい車なんだろうなという印象は受けるものの、ぶっちゃけハイブリッドってなんだよ、と思っている方もいると思います。

ではハイブリッド車とは何なのか、ガソリン車や電気自動車との違いを紹介していきます。


ハイブリッド車とは

258375


ハイブリッド車とは、2つ以上の動力源を持ち合わせた自動車のことを言います。二つ以上の原動力とは、主にガソリンで動くエンジンと電気で動くモーターのことで、この二つを原動力としている車をハイブリッド車といいます。(ハイブリッドとは英語で「2つのものをかけあわせる」という意味です。)


まあ簡単に言うと、ガソリン車と電気自動車を足したような感じです。

ガソリン車との違いは、ガソリン車はガソリンだけで走る車なので、電気で動くモーターがあるかないかの違いです。


これにより、何が良くなるかというと

 ・電気とガソリンで走るので、ガソリンの消費を抑えながら走れる(燃費の向上)
 ・排出ガス(CO2など)を減らせるので環境に良い(減税になる)
 ・音が静か

などです。


なぜこのようなことが起こるかというと、ハイブリッド車は状況によって、ガソリンと電気をうまく使い分けているからです。

例えば、ゆっくり走っているときは電気モーターで走り、加速する時にはガソリンでエンジンを動かして走り、さらにエンジンで走っているうちに電気モーターを充電して回復したりして走っています。


このようにうまく使い分けることで、ガソリンで走ることを少なくして、燃費の向上や排出ガスを減らしているのです。

こうやって聞くと少しハイブリッド車がほしくなってきた方もいるのではないでしょうか。その気持ちよくわかります。では次は電気自動車について紹介していきます。


電気自動車とは

023410


電気自動車とは電気をエネルギーとして走る車です。現在ではまだまだ普及していませんし、今後普及していくかもわかりません。

なぜ普及してないかというと、価格が高かったり、長距離走る場合途中で充電が必要になるため実用的ではないなどの理由があるようです。


また、電気自動車の他にも「燃料電池車」という車もあります。


燃料電池車は、水素を燃料として走る車です。電気自動車同様環境にとても良い車で、ガソリン車同等ほどの走行距離が期待できます。

現在ではまだ水素スタンドが少なかったり、価格が高いことからあまり普及はされていませんが、実用度を考えれば、電気自動車より今後普及していく可能性はあるのではないでしょうか。


ですので将来的にはわかりませんが、まだまだガソリン車かハイブリッド車に乗るのが現実的な選択だと思います。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ