シートベルト装着義務違反の罰金(反則金)・減点は?

8df6f31a09d830cef7ed99d23087c267_s


車に乗る際には、シートベルト着用義務があるので必ずシートベルトをしなければいけません。もしシートベルトをしていなければ、道路交通法違反で罰せられることになります。

ただちょっとややこしいのが、時と場合によって罰せられる場合とそうではない場合があります。ではどんな時に罰せられるのか紹介していきます。


シートベルト装着義務違反になるケース

・一般道の場合・・・運転席、助手席
・高速道路の場合・・・運転席、助手席、後部座席



一般道と高速道路と何が違うかというと、後部座席のシートベルト着用が違反になるかならないかです。ただ、一般道の場合も後部座席も着用義務はあります。罰則がないだけで着用義務はあるので、そういう場合は口頭で注意を受けることになります。

気になる罰則についてですが、反則金のぺナルティはありません。ペナルティを科せられるのは点数だけで、シートベルト装着義務違反の場合は減点は1点です。


「なんだ、反則金もないし減点もたった1点だけならシートベルト別にしなくてもいいんじゃない」、なんて思った方は大間違いです。

シートベルトは搭乗者を守るのに非常に重要な役割をはしており、実際シートベルトをしていれば無傷で済んだような事故で命を落とすということもあります。


また、金銭面で見ても結構重要で、反則金はないですが、自動車保険にはゴールド免許割引という割引サービスがあるので、シートベルトで捕まるとゴールド免許になれず、ゴールド免許割引のサービスを受けることができなくなります。

ゴールド免許割引は保険会社によっては約20%ほど割引してくれる保険会社もあるので、金銭的な面でもかなり大きいのです。

やむを得ない理由でシートベルト装着義務違反にならないケース

1.負傷・障害・妊娠中でシートベルトを装着することが療養上・健康保持上適当でない場合
2.著しく座高が高いか低い場合、また著しく肥満している場合でシートベルトを装着できない場合
3.自動車を後退させるため自動車を運転する場合
4.消防用車両である自動車を運転する場合
5.人の命・身体に危害を及ぼす行為の発生の警戒、及びその行為を制止する職務に従事する公務員が職務のために自動車を運転する場合
6.郵便物の集配業務・ゴミ収集車など頻繁に車の乗り降りをする場合の作業中
7.自動車に乗車している者の警衛若しくは警護を行うため、警察用自動車に護衛、または誘導されている場合
8.公職選挙法の適用を受ける選挙で、公職の候補者・選挙運動に従事する者が選挙カーを運転する場合


チャイルドシートの場合は罰則はある?

十数年前に道路交通法が法改正されたときに、6歳未満の子供にチャイルドシートの着用が義務付られましたが、チャイルドシートを着用していない場合も罰則はあります。罰則は減点が1点で、「反則金のペナルティはありません。

なかなか小さいお子さんがいない方には関係のない話かもしれませんが、まだ子供はいなくてもいずれ親になることはあると思いますので、チャイルドシードの着用の義務があることは覚えておきましょう。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ