スピード違反の罰金(反則金)・減点は?

006970


法定速度を超えるスピードを出して走っていると、スピード違反となり道路交通法で罰せられることになります。

法定速度は道によって決められており、一般道の場合は最高60km、高速道路の場合で100kmとなっています。これはバイクも同じで、50CCの原動機付自転車のみ30kmとなっています。(ちなみに125CC以下のバイクは高速には乗れません)

ではスピード違反をすると、罰金や減点はいくらなのかというところですが、何キロオーバーするかによって罪の重さも違い、反則金や減点数も変わっていきます。では各スピードごとの罰金額と減点数を紹介していきます。


スピード違反の反則金と減点数

・15km未満・・・9,000円(1点)
・15km以上20km未満・・・12,000円(1点)
・20km以上25km未満・・・15,000円(2点)
・25km以上30km未満・・・18,000円(3点)
・30km以上35km未満(高速道路の場合)・・・25,000円(3点)
・35km以上40km未満(高速道路の場合)・・・35,000円(3点)
・40km以上50km未満(高速道路の場合)・・・簡易裁判所で決定(6点)
・50km以上・・・簡易裁判所で決定(12点)



一般道の場合は30kmから50kmオーバーで、反則金は簡易裁判所で決められます。減点は6点。

簡易裁判所で決められるケースは反則金ではなく、罰金という形になり、さらに赤切符が切られます。(青切符と赤切符があり、罪が深い場合に赤切符が切られ、赤切符が切られると前科がつきます。赤切符は用紙の色が赤で、青切符は用紙の色が青です)

簡易裁判所では罰金額は10万円が上限となっており、目安は7万円前後となっています。ただし、70kmオーバー以上のスピード違反の場合は危険行為とみなされ、正式な裁判となり、もっと罪が重くなることもあります。


また、これはシラフの時の反則金と減点で、飲酒運転でスピード違反の場合はもっと厳しい罰則が科せられます。

飲酒運転時でのスピード違反は、アルコール量が0.25以上の場合は25点の減点、0.25以下の場合は14~19点の減点となります。



スピード違反の事故でも自動車保険は使える?

スピード違反で事故を起こした場合でも、基本的には自動車保険は使えます。

ただしこれが飲酒運転や薬物使用でのスピード違反の事故の場合は、人身傷害保険や車両保険などは補償対象とならず、対人賠償保険と対物賠償保険のみ補償対象となります。



制限速度がない国も

ドイツの「アウトバーン」という高速道路は制限速度がないため、200kmで走ろうが300kmで走ろうが特に問題はありません。

日本の車には安全のためリミッターがついているので200Km、300kmは出ないようになっていますが、海外の車はリミッターを外せるので、200kmぐらいで車がびゅんびゅん走ってるみたいです。

スピード狂の方には嬉しいかもしれませんが、まあそういう環境がない日本人にしてみたら少々怖い気はしますね。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ