一時停止違反・踏み切り一旦停止の罰金(反則金)・減点は?

b4c8ab727c674e0695a851c3c2cd530d_s


車に乗っていると一時停止の標識や踏切の前では一時停止して、安全確認をしてから進まないといけないので、これを破ると、一時停止の場合は「指定場所一時不停止等違反」、踏み切り一旦停止の場合は「踏切不停止等違反」という道路交通法で罰則を受けることになります。

では、一時停止違反・踏み切り一旦停止の反則金と点数の減点はいくつなのか見てみましょう



●一時停止違反・踏み切り一旦停止の反則金と減点数

 ・一時停止違反・・・7,000円(2点)
 ・踏み切り一旦停止・・・9,000円(2点)


点数の減点は両方とも2点と同じですが、反則金は踏み切り一旦停止のほうが2,000円高いです。

内容は同じ一時停止違反ですが、踏切時のほうが一時停止しないと危険度が高いということで、踏み切り一旦停止のほうがやや反則金が高いのだと思います。


ちなみに、「一時停止違反」も「踏み切り一旦停止」も同じ一時停止をしなかった時の罰則ですが、踏切時では「踏切不停止等違反」として切符を切られ、「指定場所一時不停止等違反(一時停止違反)」とはなりませんので、重複して罰則を受けることはありません。

車両ごとの反則金額

・一時停止違反・・・大型9,000円、二輪6,000円、原付5,000円
・踏み切り一旦停止・・・大型12,000円、二輪7,000円、原付6,000円

※減点はすべて2点です


一時停止はしっかりと

一時停止したからといって、一時停止時間が短ければ一時停止違反となり罰則になるケースもあるようです。

また、一時停止なので完全に停止しないとダメです。ものすごくゆっくりでも進んでいては一時停止違反になります。


厳密に何秒という決まりはないみたいですが、実際に停止時間が短くて切符を切られるケースもあるみたいなので、このあたりは取り締まる警察官によっても差はあると思いますが、おそらく3秒以上停止しておけば何も言われることはないでしょう。


踏切などでは警察官が張っていることもある

踏切付近などでは、パトカーや白バイ隊員や張っていることがたまにあり、踏切付近をよく通る方なら見たことある方も多いと思います。

交通ルールは罰則を受けないために守るわけではなく、安全のために守るわけですが、ちょっと止まるか止まらないかだけで7,000円か9,000円払わないといけないわけですから、正直バカらしいですよね。

そう思えば交通ルールもちゃんと守れるのではないでしょうか。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ