交差点安全進行義務違反とは・罰金(反則金)・減点は?

da780755c2cf72bea2f743eb10b16962_s


交差点安全進行義務違反とは簡単に言うと、交差点を通るとき車や歩行者に注意して安全な方法とスピードで通らないといけないという道路交通法です。反則金は9,000円で、減点は2点となります。

具体的には、方向指示器の間違いや出し忘れ、ハンドルやブレーキ、アクセルやシフトレバーの操作ミスなど、交差点を運転する上での安全を怠った場合に「交差点安全進行義務違反」に問われることがあります。


道路交通法では以下のようになっています。

4.車両等は、交差点に入ろうとし、及び交差点内を通行するときは、当該交差点の状況に応じ、交差道路を通行する車両等、反対方向から進行してきて右折する車両等及び当該交差点又はその直近で道路を横断する歩行者に特に注意し、かつ、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

道路交通法では「できる限り安全な速度と方法で進行」となっているので、具体的にこれはだめという明確な表記がないので多少あいまいな部分はあります。ですので、安全な方法というのは取りしまる警察官によっても多少違う可能性もあると思います。


また私の知っている方の話では、交差点で方向指示器(ウインカー)を間違えて反対に出して事故を起こしたという人がいましたが、「交差点安全進行義務違反」で罰せられたのかは詳しく聞いていないですが、おそらく交差点安全進行義務違反に該当すると思います。

各車両の交差点安全進行義務違反の反則金

・大型車・・・12,000円
・普通車・・・9,000円
・二輪車・・・7,000円
・小型特殊車・・・6,000円
・原付車・・・6,000円


なぜこういった法律があるのか

車に乗る以上安全に運転することは当たり前だし、なんでこんな道路交通法があるのと思った方もいるかもしれません。しかも反則金は9000円と2点の減点ですので、比較的罪は重めです。

ではなぜこういった法律があるかというと、交差点付近でも事故が最も多いからだと思います。交通事故の約半数が交差点付近で事故が起こっており、自転車事故になると約7割も交差点付近で事故が起きています。


それほど交差点というのは事故が起きやすい場所ですので、こういう法律を作って少しでも交差点での事故が減るように抑止力のためにある法律ではないでしょうか。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ