安全運転義務違反とは・罰金(反則金)・減点は?

ƒCƒ‰ƒXƒgƒx[ƒX


安全な運転をしていないと、「安全運転義務違反」となり道路交通法で罰せらます。とはいえ「安全な運転」ってずいぶんもっさりしてるけど具体的にどうゆうこと、と思った方も多いのではないでしょうか。

安全運転義務違反の対象となる安全ではない運転とは、「他人に危害を及ぼすような速度や方法」となっています。


例えば、急にハンドルを切ったり、急ブレーキを踏んだ場合や、車間距離を詰めたあおり運転、方向指示器を出さない、無灯火運転、よそ見運転などが「他人に危害を及ぼすような速度や方法」に含まれ、安全運転義務違反の対象となります。

実際あおり運転や方向指示器の出し忘れなど、安全な運転を怠ったことで事故になるケースは結構ありますので、しっかり守りたいですね。


ただ「他人に危害を及ぼすような速度や方法」の判断基準は警察官や県によって違うこともあり、おにぎりやサンドイッチ名を片手間に食べながら運転していた場合や、オーディオ機器を大音量で運転していた場合、サンダルなど「運転の妨げとなる履物」を履いて運転した場合などでも安全運転義務違反となることもあるようです。

反則金と減点は反則金が9,000円、減点は2点となっています。

安全運転義務違反の反則金

・大型車・・・12,000円
・普通車・・・9,000円
・二輪車・・・7,000円
・小型特殊車・・・6,000円
・原付車・・・6,000円


自転車でも安全運転義務違反の対象に

自転車も車両に含まれるので、他人に危害を与えるような運転をしていれば、安全運転義務違反となって道路交通法で罰せられことになります。

自転車の場合は速度規制がない道路では、どれだけスピードを出して走ってもスピード違反にはなりませんが、スピードの出しすぎで歩行者などに危険を及ぼす場合は、安全運転義務違反の対象となります。

また、凸凹した道での片手運転や手放し運転も安全運転義務違反の対象となる可能性もあります。

サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ