通行区分違反・進路変更禁止違反とは・罰金(反則金)・減点は?

518eec061ea06378f3da666449d9034d_s


通行区分違反をしたら道路交通法で罰せられ、9000円の反則金と2点の減点となります。とはいえ「通行区分違反」ってなんだよと思っている方も知るかもしれないので、通行区分違反の説明をしていきます。

通行区分違反とは、右折レーンで直進したり、直進レーンで右折したり、特定のレーンに入っているにもかかわらず違う方向に進むことです。


普段車に乗っているかたなら頻繁に遭遇することだと思いますが、複数車線がある道路などでは、右折したい場合は一番右によって右折レーンに入ったり、左折したい場合は一番左のレーンに入ったりしますよね。

この際道路に矢印の方向が表示されていますが、その進行方向を守らなかった場合に、「通行区分違反」となります。


ということで、右折したい場合はあらかじめ右折レーンに入っておく必要がありますが、初めて通る道や渋滞などが原因でなかなか右折レーンに入れないこともあると思います。そういう時に注意したいのが、「進路変更禁止違反」の存在です。


進路変更禁止違反とは

進路変更禁止違反とは、上記のようなケースで右折レーンに入ろうとした場合に、車線変更をするときに車線の色がオレンジ色(黄色)だった場合は車線変更は禁止されているので、もし車線変更した場合は「進路変更禁止違反」となり、道路交通法で罰せられ6,000円の反則金と1点の減点となります。


基本的にオレンジ色の線は踏んではいけないという意味なので、車線変更することはできないのですが、右折するために止むを得なく車線変更しちゃう方もいると思います。

ですがこれは違反になるのでやめましょう。


車線変更したい場合、車線がオレンジ色だった場合は、あらかじめ車線変更をしておいて、曲がりたいレーンに入っておく必要がありますが、知らない道などではなかなか難しい場合もあるかもしれません。

そういう場合は左折するなり直進するなりして、違反がないようにするしかないので、右折することはとりあえずあきらめましょう。

通行区分違反と進路変更禁止違反の反則金

・大型車・・・12,000円、7,000円
・普通車・・・9,000円、6,000円
・二輪車・・・7,000円、6,000円
・小型特殊車・・・6,000円、5,000円
・原付車・・・6,000円、5,000円

※先が通行区分違反で後が進路変更禁止違反


サブコンテンツ

自動車保険の保険料、高くないですか?

 

任意保険の保険料というのは、同じ契約内容でも保険会社によって結構変わってきます。なので自分に合った保険会社を見つけることが保険料を節約する一番の近道です。

 

そこでおすすめなのが「保険の窓口インズウェブ」です。保険の窓口インズウェブでは、最大20社の保険会社から保険料の一括見積りを出すことができるので、自分にとって安い自動車保険をすぐに探すことができます。

 

ちなみに、「保険の窓口のインズウェブ」を利用した方の2016年のアンケートによると、保険料の平均節約額はなんと30,035円!50,000円以上安くなった方が19%も!!

 

私も数年前に自動車保険一括見積りサービスを利用して、36,240円だった保険料が16,900円になりました。申し込みは5分ほどで、スマホにも対応しています。

 

 

一括見積もりはこちら⇒自動車保険見積もりのインズウェブ

 

あなたの愛車を高く売るなら

 

車を売る場合どこで売るかによって、買取価格が数十万円も変わることもあります。なので自分の車を高く買い取ってくれる買取業者を探すことが重要になります。

 

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。かんたん車査定ガイドでは、最大10社から一括査定を受けることができます。

 

ちなみに、「かんたん車査定ガイド」を利用した方で、査定額が最大65万円も得したケースも。申し込みは1分ほどで、あなたの愛車の相場を知ることができます。スマホにも対応しています。

 

 

一括査定はこちら⇒かんたん車査定ガイド

 

このページの先頭へ